DTMに使うパソコン。どこに気をつけれて選べば?

 

 

DTMとは、パソコンを用いて音楽制作する総称として使われています。

 

DTMパソコンを選ぶ時は、DTMを使用する目的を考えてみるとよいでしょう。

 

その目的は、音楽を作るのか、演奏するのか、レコーディングやマスタリング等に使用するのか、PAシステムに組み込み使用するのか、複合的に使用するかなどを考えてパソコンを検討してみましょう。

 

DTMに使うパソコンは、BTOパソコンで買うのがおすすめです

 

DTMの使用目的でパソコンを検討される方は、ぜひBTOパソコンで検討される事をお勧めします。

 

BTOパソコンとは、スペックや機能などの構成を自由にカスタマイズできるので、好きなパーツを選んで組み合わせる事ができます。

 

DTMパソコンを選ぶ時は、処理能力が早いパソコンの方が快適に作業を行えます。

 

そこで関係してくるのが、OS、CPU、クロックスピード、メモリ容量、ストレージなどが重要となってきます。

 

DVDドライブやパソコン側のUSB端子の数も購入前に検討しておきましょう。

 

まずは、パソコンのOSをMacintoshかWindowsかどちらにするか検討します。

 

現在では、どちらも遜色はないですが、DTMソフトやオーディオ・インターフェースがいずれかにしか対応していないということがあるため、DTMの使用目的が何かを最初に決定し、DTMソフトを決めてからOSを選ぶのもよいかもしれません。

 

最低でもこの程度のスペックをお勧めします。

 

CPUは3GHz以上のCore i5かCore i7、メモリ容量は最低8GB以上、ストレージは2台のHDD。
予算や、使用目的などでBTOパソコンのカスタマイズを楽しんでみてください。