ビデオ編集処理作業をできるだけ早く処理できる性能のパソコンを選ぶ

 

 

ビデオ編集用パソコンを選ぶ時に一番優先したい事は、ビデオ編集処理作業をできるだけ快適に早く処理できることです。

 

その為には、少々高くなっても性能の高いパソコンを購入する必要があります。

 

なぜなら、性能が低い物は動作が重くなり安定性に欠けるため、ビデオ編集処理作業がまともに行えない場合もあるからです。

 

動画の解像度によって必要な性能も違ってくる

 

ビデオ編集処理作業をどの解像度で行うのかも、パソコンを選ぶ点で重要となります。

 

フルHD程度を求めるなら標準的な機能を持つパソコンで十分対応できます。

 

将来をみこして4K程度を求めるなら、高性能パソコンが必要となってきます。

 

そこで性能面で大事なパーツを紹介していきます。

 

ビデオ編集に使うパソコンで重要なパーツ

 

CPU、メインメモリー、ストレージ、ビデオカードなどが重要なパーツとなります。

 

ビデオ編集ではCPUは最重要パーツで、Core i7のハイスペッククラス、フラッグシップクラスでしたら快適に作業できます。

 

メインメモリーは8GB以上で、メモリー規格はDDR3 SDRAMかDDR4 SDRAMからの選択をお勧めします。

 

ストレージは複数台搭載モデルパソコンに、HDD(1TB以上)、SSD(128GB以上)の両者を搭載することで速度も容量も満足できます。

 

接続方式もご確認ください。

 

ビデオカードの性能が重要かは、どのビデオ編集ソフトウェアを使用するかにより異なります。

 

ソフトウェアの公式サイトで対応ビデオカードを調べて判断して下さい。

 

パソコンは冷却性に優れたデスクトップパソコンタワー型で、24インチ大画面液晶モニターがお勧めです。